スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしの映画館 (その1)

 6月10日、水曜日。 雨時々くもり。

 

 今日は、週1日の雇用調整休業日。 雨なので、以前からポタで撮りためた、かつて和歌山市街地にあった懐かしの映画館跡地、または今もある映画館の写真を整理しました。

 

 現在、和歌山市街地で営業する映画館は、JR和歌山駅前の「駅前名画座」の1館だけです。

(紀ノ川の北岸には「松栄劇場」がありますが、今回は除いています。) 成人向け専門です。

 

 以下に懐かしの映画館の跡地を載せますが、あくまでも私が知っている映画館だけですので、抜け落ちている映画館もあるかも知れませんが、ご容赦下さい。

例えば、海草橋近くに「大和劇場」なる館があったような…。 誰か補足いただけたらありがたいですが。

 

懐かしの映画館map+№ 

私の記憶にある映画館の立地図です。 今も営業するのは⑬の「駅前名画座」だけです。

 

今は、和歌山市民が映画鑑賞するには、上図の左上のガーデンパーク和歌山にあるジストシネマへ行かなければなりません。

そこには10のスクリーン(劇場)があります。

座席はゆったりしてあり、スロープになっているため前席の人の頭が邪魔になることもありません。

良いことだらけのようですが、観賞の余韻に浸りながらそぞろ歩くということは無くなったのではないでしょうか。

車で行って、車で帰る。 少しは歩いて考えても良いのでは? と、年寄りは言ってみたくなるのです。

 

紹介は、和歌山市街地の北から、西からの順にします。

 

① 最初は、JR紀和駅(先代の和歌山駅)前通りにあった「紀和劇場」です。

  実際は駅前通りから路地を入ったところにありました。

  今は跡形も無く、マンションが建っています。 

01.紀和劇場 01.紀和劇場への路地入口

     紀和劇場跡地に建つマンション                   路地の入口

 

② 南海和歌山市駅前通りにあった「文映(ぶんえい)」です。

02.文映(ぶんえい)② 当時は3~4階建てのビルで、2階が映画館でした。

文化映画館とかの略称だったのでしょうか、館名の由来は分かりません。

日活の二番館か三番館だったのでしょう。お古の日活作品オンリーでした。

私が小学生の頃、母が受付(入場券のもぎり)の仕事をしていたので、しょっちゅう只で観ていました。

石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎、二谷英明、宍戸錠 等々。よく観ました。

なかでも渡り鳥シリーズが好きでした。

 

③ 本町2丁目にあった「和歌山東映」です。

  和歌山地区の東映封切館でした。

03.和歌山東映④ 03.和歌山東映②

 建て替えられ、ホテルになり、つい最近まで地階で営業していましたが、今は「紀の国ぶらくり劇場」という芝居小屋になっています。

 この映画館も懐かしいところです。東映アニメや大川橋蔵などの時代劇をよく観に行きました。

当時としては近代的な映画館でした。

 

 夜も更けて参りました。 今日から数回に分けて連載します。

それでは次回以降をご期待ください。 (明日は所用で更新できません。m( _  _ )m   )

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お好きなテーマを選んでください。
最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。